デキる人って贈ってるよね!お中元・お歳暮

日頃お世話になっている人へ贈るお中元お歳暮
年に二回、日頃の感謝や健康を気遣う気持ちとして品物を贈ります。
時期になると、デパート等でもお中元やお歳暮の宣伝がよく見かけられますよね。

皆さんは、お中元やお歳暮は贈っていますか?

例えば、両親や親戚、仲人さん、会社の上司やお稽古事の先生等に贈ることが多いのですが、会社によっては取引先や顧客に儀礼的な贈り物を禁止しているところもあるようです。
学校の先生も受け取りを辞退される人が多いですね。

名前こそ「お中元」「お歳暮」と形式ばったものですが、贈り物にも感謝等の気持ちが籠っていなければ受け取る側も嬉しくはないでしょう。
ですので、贈る際は、気持ちをきちんと込めて贈ることが大切です。
人によっては、両方贈る方もいればどちらか片方だけという方もいるとは思いますが、片方だけ、という場合は一年の締めくくりとして贈られる「お歳暮」の方が重要視されているようです。
両方贈るという場合は、お歳暮のほうが少し値段を高くするのが一般的なようです。

お中元は元々中国に古くからあるもので、1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元の三元の日に天神を奉ったことが起源とされています。
これが日本に伝わり、仏様に供える供物を親戚やご近所に贈ることが習慣となり、時代が変わると共に先祖へのお供えと日頃お世話になっている人へ贈り物をするという風習が残っているものです。
お中元を贈る時期としては7月初旬~15日までに贈るのが一般的ですが、地域によって多少の違いがあります。
もし時期を逃して贈ることになった場合は「暑中見舞い」として、立秋を過ぎた場合は「残暑見舞い」として贈るようにしましょう。
お歳暮は、先祖の霊を迎えて御魂祭りのお供え物や贈り物をした日本に古くからある習慣が起源とされています。
こちらは、お世話になっている人へ1年の感謝の気持ちを込めて贈るものです。
12月1~23日頃に贈りますが、贈り物によって時期を遅めたりもするためお中元のように正確な時期というのはありません。
今の時代、あまり人と深くまで関わりたくないという人やそういう行事はやらないといった人も増えてきていますが、お中元やお歳暮は日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを伝えるチャンスでもあるので、贈ってみてはいかがでしょうか。

 

今熱いサイト