デジタル戦略の鍵は狙う世代にあり

企業が商品やサービスを宣伝するときによく見かける物はテレビのコマーシャルだったり新聞や雑誌の広告ではないでしょうか。

ですが、テレビコマーシャルを利用する場合や新聞や雑誌の広告を利用する企業の多くは大企業ではないでしょうか。私たちが普段増えている広告やコマーシャルなどの宣伝はほとんどが大企業の物という訳です。日本における企業の中で大企業が占める割合はおよそ3パーセントになります。つまり、多くの企業がある中で私たちはたった3パーセント程度の企業のコマーシャルや宣伝しか知らないと言うことです。

ですが、中小企業には中小企業らしい戦略があります。それがデジタル戦略になります。デジタル戦略とはインターネットを利用して広告を出したりツイッターやブログなどで宣伝をすることです。デジタル戦略をする場合には、その商品が高齢者世代向けの場合にはあまり利用価値がないでしょう。

単純に高齢者がインターネットを利用している可能性がないからです。一方で、インターネットが浸透している20代から40代ぐらいまでを対象とする商品やサービスをデジタル戦略で行う場合にはそれなりに成果があるでしょう。

このように、中小企業や個人の事業主が20代から40代をターゲットにした商品やサービスを宣伝するならばインターネットを利用したデジタル戦略が功を奏します。

ただ、デジタル戦略ならばどのような方法でもいいというわけではありません。例えば、ブログですが、芸能人などがよく使っている友達申請をすることが出来る無料ブログの場合には、同業者がそこにいっぱいいる可能性が高いです。

つまり、同業者に友達申請をして宣伝をしようとしても意味がありませんし、個人で商売目的でなくブログをしている人に友達申請をしても煙たがられるだけです。また、ブログ自体がSEOに弱いと言う弱点を持っているため、地域限定のサービスを紹介してもあまり効果が見られません。もし、ブログを利用するなら有料ブログを利用するべきです。